ブラッシングの後に行うオススメのケア方法

口内全体を綺麗にするために

使い方を覚えておこう

歯と歯が接した面は、歯ブラシでは磨きにくいです。
ですから丁寧に歯を磨いたつもりでも、汚れが残ってしまうかもしれません。
それに気づかずに放置すると汚れが溜まり、虫歯菌が繁殖する原因になるので気を付けてください。
しっかり虫歯予防をするためには、糸ようじを使うのが良い方法です。
糸ようじは指に巻き付けて使うタイプと、ホルダータイプの2種類があります。
どちらでも汚れを落とす効果は変わらないので、使いやすい方を選んでください。

口内では隙間が広い部分に、よく食べカスが溜まると言われています。
そこを綺麗にするなら、歯間ブラシが良いでしょう。
前歯ならストレートタイプが良いですが、奥歯は少し汚れを落としにくいので、L字になっているタイプを使ってください。
このように部位ごとに、歯間ブラシを使い分けることも口内をケアする際のポイントです。
歯間ブラシも糸ようじも、1か月ごとに新しいものに交換しましょう。
清潔なものでないと、ケアに使えません。

さらに仕上げとして、マウスウォッシュで口をゆすぐと完璧です。
マウスウォッシュで汚れを落としたり、口内を殺菌したりできます。
最もおすすめなのは、就寝前に使うことです。
寝ている時は最も虫歯菌が繁殖しやすいので、口内環境を整えなければいけません。
虫歯を予防するなら、フッ素が含まれるマウスウォッシュが良いですね。
どのような成分が含まれているのか確認してから、マウスウォッシュを購入しましょう。