丁寧に口内をケアする

指巻きタイプとホルダータイプ

歯と歯の間は非常に狭く、歯ブラシでは磨きにくいです。
そこで、汚れを除去するなら糸ようじを使ってください。
糸ようじには指巻きタイプと持ち手がついたホルダータイプがありますが、初心者は使いやすいホルダータイプがおすすめだと言われています。
糸巻きタイプだと、うまく歯と歯の間に糸を通すことができず、戸惑ってしまうかもしれません。

とりあえずどちらも使い、より使いやすかった方を選択するのも良い方法です。
また糸ようじを使うのは、歯ブラシでのブラッシングが終わった後です。
まずは歯ブラシで、歯の表面や裏側などに付着している汚れを落としてください。
正しい方法や順番で使わないと、せっかくの糸ようじも効果を発揮できません。

無理に使わないこと

次に、糸ようじの使い方を調べていきましょう。
まず糸を前後に動かしながら、汚れを落としたい場所に入れます。
歯と歯の間に糸を通す際はきつく感じ、奥まで入らないかもしれません。
これ以上入らないと思ったら、そこでストップしましょう。
無理に糸を通そうとすると、歯茎が傷ついてしまいます。

糸を入れたら、歯の側面に沿わせて上下左右に動かすと、汚れを取り除くことができます。
終わったら糸を抜きますが、その時も入れた時と同じようにゆっくり、前後に糸を動かしながら抜きましょう。
最後に、糸ようじでも取りきれなかった汚れがあればピックでかき出してください。
この方法を毎日実践していれば、ずっと清潔な口内環境を維持できると思います。


この記事をシェアする