歯間ブラシを使ってみよう

種類と使い方を学ぼう

ストレートタイプの歯間ブラシは、I字型と呼ばれています。
こちらは、前の方にある歯の隙間を掃除したい時におすすめです。
奥歯はストレートタイプだと掃除しにくいので、L字タイプを用意してください。
歯間ブラシにはいくつかのサイズがあるので、自分の歯の隙間に合うものを見つけましょう。
無理をしなくても歯間ブラシが入り、ゴムが密着していることを感じられるサイズがベストです。

使う時は、歯の隙間の広い部分に斜め下からゆっくり歯間ブラシを入れます。
そして歯の隙間に合わせて、前後に動かしてください。
歯の外側だけでなく内側からも同じように行うと、もっと汚れをかき出せます。
最後に向きを変えて、隣り合った歯を擦ったらケアの終了です。

交換する頻度

定期的に、糸ようじや歯間ブラシは交換してください。
何か月も同じものを使うと衛生環境が悪くなり、口内に雑菌が移ってしまいます。
毎日使うものですから、1か月に1回は交換すると良いですね。
歯ブラシも、同じタイミングで交換しましょう。
歯を磨く時に使う道具を全て同じタイミングで交換することで、交換し忘れることを避けられます。

ですが1か月が経過していなくても、見た目に汚れが見えたり、嫌な臭いがしたりしている時は交換することをおすすめします。
無理な力を加えて使うと、歯ブラシや糸ようじ、歯間ブラシの状態が悪くなってしまいます。
ですから、軽い力を入れて優しく使うことを心がけてください。
力を入れなくても、汚れは落とせます。


この記事をシェアする